お風呂に入る時間はくつろぎの時間と考えている人が多いと思いますが・・

バスの時間はリラックスできるひとときの一つに違いありませんが、バスタブにつかることでまったくいっぱいの効果が得られます。お湯で身体を温めると自己再生機能が促進されて傷の治りや筋肉の損傷をより早く回復させるようになります。さらにヒートショックプロテインと言って筋肉のこりや老廃物を減少させるといった効果もあり、最短でも湯に5分はつかることは想像以上に大切なんです。

夏バテにならないため、その日その日の食事(食事内容)がものすごく大事なものになってきますが、特に死を招く恐れもある熱中症を阻止するために、適切な水分の摂取がものすごく重要です。しかし、塩分・ミネラルの含まれていないような飲み物になると体内の塩分濃度を下げてしまうことになるので、熱中症の対策として飲用するなら麦茶、それにスポーツドリンクなどのものが最適です。飲むものの種類というのはいっぱいあるのですが、そういった飲み物の中には利尿作用がある飲み物なんかもあって、美容の面で言うとむくみ(身体の余分な水分)を解消するとかの対策として効果があります。けれども、夏は飲みすぎて脱水しないように気を付けなければなりません。

夏になると一年の中でも一番紫外線の多い季節です。肌には、日傘をさしたり対処をしていらっしゃる人も少なくないと思います。だけど夏場の頭の毛に対しての対策についてはどうですか?髪の毛も太陽の光を受けて紫外線を浴びます。紫外線の影響はお肌のみにとどまらず髪だって同じことです。さらにプールに行くことのある方の場合、水に入っている塩素のせいで髪の毛は大きなダメージを受けます。ダメージを受けた髪の毛というのは元の髪を取り戻すまでに時間がかかるのです。毛先の大部分が枝毛になっている、ブラッシングすると毛先が切れる、そして、毛先の方はクシが通らないなど手の付けようがないほどダメージがひどい時は、いろいろヘアケアをすることよりも痛みの酷い部分をカットしてもらうのも手です。その状態のまま維持するよりはるかに健康できれいな髪を確保できます。塩素においては濡らさない、というようなことぐらいしか回避する方策はないです。でも、紫外線において言うと肌と同じで日焼け止めを使うことで紫外線ダメージを防げます。

顔をきれいにしたいと思うのなら夜は言うまでもなく毎朝起きたら、顔を洗う時も洗顔料は使用した方がいいです。ある意見では洗顔フォームは使わない方が良いといわれることもありますが、就寝中にも皮脂の分泌はされ、やっぱり洗顔料を使わないといらない皮脂はなくすことができません。要するに皮脂が残った状態を残したままメイクすると、汚れた皮脂とするメイクが混ざってしまって肌に悪影響を及ぼしてしまいます。今日から毎朝、洗顔料を使って洗顔するのがおすすめです。良い習慣をこれからすたらどうですか?

ハーブは、東洋医学において漢方薬と同じです。その漢方薬を楽に飲めるお茶にしたのがハーブティーなんですね。ハーブティーというのは美容効果ものもたくさんあるので、日頃から摂取している。人達も多くいます。ハーブティーにも実はいくつもの種類が存在します。効能から選んで、いろいろなハーブティーを味わってみるのもいいかもしれません。例えばですが、「ハーブティー」と言われる中にカモミールティーという名のお茶がありますが、これは心と体を緩める効果があって、良い睡眠がとれる、などの効き目があるとされています。なので、寝付けない、という時にぜひ、飲んでみてください。注意するのは、ハーブティーというのは先にも述べましたが美味しく飲める薬と同じなんです。カモミールティーを飲用するには、妊婦さんが摂取するのは「駄目!」となっています。そのほかのものについても飲用してはいけない時期などがありますから飲む前に充分に安全を確認して楽しむことをお勧めします。

世間には美容のアプローチには身体の中から行う美容の方策があります。例をあげると多くの人が知っている栄養素のビタミンの中にCがありますね。ビタミンC配合の化粧水や美容液が人気を集めています。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分です。そういうわけで体の外からお肌に取り込むのも大切なことですが、ドリンクやサプリメント等で身体の中からも補給してあげることで、肌ダメージの回復や保湿などのいろいろな効果があり、嬉しいですね。日頃食べている食品から摂取するのはあまり期待できないのでサプリメントを積極的に利用すると良いでしょう。

夏は日焼け止めクリームや虫よけなど、多くのものを塗ると思いますが実はどんなことがあっても塗ると大変なことになるというものがあるって知ってますか?「ええっ!」と驚くその禁物はレモンをはじめとしたフルーツ類です。そんな馬鹿ナ!って思いますね。そのわけはフルーツの中でも柑橘系の成分がお肌に付いたまま紫外線を浴びると、植物性光線皮膚炎と呼ばれる火傷のような症状を起こす場合があります。日差しが強い夏に一見良さそうに見えるから柑橘系フルーツを肌に塗るなんて気持ちよさそうですが、体のためには絶対にやってはいけないのです。反対に肌に良いことはないのです。

自分の頭髪をどう乾かすかによって髪への負担をコントロールすることが可能です。髪にドライヤーを使用して乾燥させる方法が多いと思いますが温風だけを使うのでは無く、温風の間に適度に冷風を使うようにすると熱が髪の毛に与える負担を少なくすることが可能です。加えてドライヤーと頭髪の間に10センチ以上の距離を保つようにすると風が拡散して乾燥を時短できます。まずは前髪にドライヤーを当て、次いで頭のてっぺん、そして耳周り、後ろ髪といった風に乾かすのがおすすめです。前髪を乾かしておく事で毛に嫌なクセ付きを抑えることができます。

昔からダイエットで食事を減らしても、何故かリバウンドで体重が増えて自分をだらしないと自己嫌悪になっている大多数の女性に、なんと横になってできるダイエットというのをお教えします。寝そべったままでできるダイエットをするには最初に左右どちらかの足を浮かせ、足の親指と人差し指をさする。それからこの動きを数十回。さすり合わせるのをして気力がなくなってきたら次にもう一つの足に変更して同じ動作をします。この行動を左右順番に10分成し遂げるとちょっと汗がしたたるほどのすごい運動の量になります。体内全体の新陳代謝が良くなり、下っ腹の引き締めにも効き目があります。

疲れた様子の顔つきの期に効き目がある四白(しはく)というツボが、黒目の位置から指の一本くらい下の方向に存在します。ツボの場所は一人ずつそれぞれなので何かの感覚を感知したらそのところがツボです。あらかたでよろしいのです。指の腹を用いて約三秒から五秒じっくりとした感じで圧をかけます。押し下げては丁寧に上げる。出来るだけ続けて行います。顔のお肌がほてり、表面の新規の生まれ変わりも促すので美白の面においても有効性があります。

カテゴリー: ボディケア パーマリンク