バスに入っている時間は幸せの時間と気持ちになってる人がほとんどのことと思います…

バスの時間は癒やしの時と気持ちになってる人が多いですが、シャワーを浴びるのではなくバスタブに一定時間入ることでさまざまな健康効果が得られます。何よりお湯にしっかりつかると自然治癒力が促されて傷の回復や筋肉の弱ったところをいっそう早く良くするようになります。さらにヒートショックプロテイン効果による筋肉のこりあるいは身体に溜まった老廃物などを減少させるといった効果も得られるので、少なくともお湯に5分以上つかることはとても大切なことなのです。

夏バテにならないように、日々の食事(食事内容)というのがとても大切になってきますが、その中でも特に毎年増加している熱中症を予防するために、こまめな水分補給が大切となります。ただし、塩分、またミネラル分の含まれていない飲み物では身体の塩分濃度を下げるので、熱中症の防ぐために飲むのであれば麦茶、もしくはスポーツドリンクなどのものが適しているんです。飲み物というのは本当にいろいろあるのですが、中のいくらかは利尿作用を持っている飲料がありますので、美容面で言えばむくみ(身体の余分な水分)を改善するとかの方法としてはおすすめです。でも、暑い日は飲用しすぎて脱水症状にならない用心したいものです。

夏は一年の中でもすごく紫外線量が増える時期です。お肌の保護のために、日にあたらないように防護策をされる人も多いでしょう。ところで、この夏場の髪の毛への対策はいかがでしょうか。髪も太陽の光を受けて紫外線を受けます。紫外線によるダメージは肌にありますが、髪の毛に至っても影響があるのです。そのうえ、プールに行くことのある人の場合は、入っている塩素によって髪はものすごく傷んでしまうのです。非常に痛んだ髪ですと元に戻すためにはそれなりに時間が必要になります。毛先の大部分が枝毛だらけでパサついている、ブラシを通すと毛先が切れる、また、毛先は指すら引っかかるというようにとてつもなくダメージがひどい時は、あれやこれやとヘアケアをするより思い切ってダメージの酷い部分を切ってしまうのも一つの方法です。ダメージを受けた髪を残すよりかははるかに健康で美しい髪の毛でいられます。塩素については濡らさない、という方法ぐらいしか回避する方策はないです。しかし、紫外線において言うとお肌と同じように日焼け止めスプレーを使うことでダメージを防ぐことができます。

もし貴女が顔をきれいにしたいと思うのなら夜に加えて毎朝、顔を洗う時も洗顔料は使用することがグッドです。ときには水だけで洗顔料は必要ないなどの方も少なくありませんが、皮脂は睡眠中にも分泌されているので、やはり洗顔料を使わないことには過剰な皮脂は洗い流すことができません。ですから余分な皮脂を残してその上に化粧すると、余った皮脂とこれからするメイクが混じり合ってしまって肌荒れなどを起こしてしまいます。これから毎朝、起床後まずしっかり洗顔料を活かして顔を洗いましょう。良い習慣をこれからは続けるのをオススメします。

ハーブは、東洋の医学で言うところの一つの漢方に当たります。生薬であるのを飲みやすく変えたものがハーブティーになります。「ハーブティー」には美容効果のある種類も非常に多くありますから、ほぼ毎日使っている女性がたくさんいます。ハーブティーにも実にいくつもの種類があります。期待する効能から選び、色々な種類のハーブティーを摂ってみるといいかもしれません。一例を挙げると、「ハーブティー」の一つにカモミールティーという名のハーブティーが存在しますが、このお茶はホッと落ち着けて、良い睡眠がとれる、という効き目があるんです。ですから寝れなくて困っている、という晩に試してみてください。とはいえハーブティーというのは先にも述べましたが美味しく飲用できるお薬のようなものです。カモミールティーを飲用するには、妊婦さんが摂取するのは禁忌となっています。そのほかのものについても摂取を控えたほうが良い人、もしくは時期などがあることもあるので飲用の前に充分に確認してから飲用することをお勧めします。

日本では顔を美しくなるやり方には内側からできる美容の方策もあります。一例を述べるとよく知られているビタミンとしてCがあるんです。そのビタミンCが入った化粧水や美容液が人気がありますが、ビタミンCはコラーゲンの生成に必要です。そういうわけで外側からお肌に取り込むのも大切なことですが、ドリンクやサプリ等で体の中からも与えると、肌荒れ改善や水分補給するなどのいろいろな効果があるんです。一般的に食べ物から摂取するのは量も限られてくることからビタミンCを摂るのならサプリメントを活用するのが効率的です。

暑い夏になると日焼け止めクリームなど、いろいろとお肌に塗ると思いますがどう考えても肌につけるべきではないものなんてのがあります。実は、その禁物は意外にもレモンなどの果物類です。何故ってレモンやオレンジなど柑橘系の成分が肌に付着した状態で日差しを浴びると、植物性光線皮膚炎と呼ばれる火傷のような症状がでてしまいます。だから太陽がまぶしい夏に日焼けをしたくないからといって柑橘系の果物をお肌に塗るのは見たところ肌が喜びそうに思えますが、体のためには避けましょう。逆に肌荒れの原因になってしまうのです。

毛は乾かす方法によって髪の毛への負担を少なくすることが可能です。毛にドライヤーを使って乾かす方が多いと考えられますが温風のみで乾かすのでは無く、温風と冷風を交互に使うと髪の毛が熱によって傷むのを弱めることが可能です。またドライヤーと髪の毛の間は10センチ以上の距離が保たれるようにすると風が全体的に当たるので乾燥時間を短縮できます。始めは前髪を乾かし、頭のてっぺん、耳周り、後ろ髪の順番に乾かしていくと一番良いです。最初に前髪を一番に乾かされると髪の毛にクセが付きにくくなります。

この何年間もダイエットであまり食べなくても、いつもダイエットする前より体重が増えてやけ食いでもしたい気持ちのあなたに、なんと寝ころんでできるダイエットをお教えします。横になったままでできるダイエットはまず初めに片足を上にあげて、足の親指と人差し指をさすり合わせる。そうしてこの行為を数十回。数十回の動きで気力がなくなってくるからその次は足を変えて同じ運動をします。この運動を交互に十分間行ってみるとうっすらと汗がしたたるくらいのずいぶんな運動量になります。体内全体の新陳代謝が上がり、下っ腹の引き締めにも効果的です。

疲れた形相の期に有効性がある四白(しはく)という名前のツボが、黒目の部分から指一本あたりくらい底部の方向に位置します。ツボのある場所は各人異なりますから何かの刺激を感じ取ったらその部位がツボなのです。おおまかで結構なのです。指の腹を使って三秒から五秒ほどゆっくりと力を込めます。圧を加えては丁寧に上げる。好きな分反復します。顔の皮膚が温くなり、お肌の表面の新規の生まれ変わりも促進するので美白についても有効性があります。

カテゴリー: ボディケア パーマリンク