入浴するのは幸せのひとときの一つだと思いますが、シャワーではな・・

お風呂は幸せの時間と気持ちになってる人が多いですが、シャワーを浴びるのではなく湯船のお湯に一定時間つかると本当にたくさんの健康効果が受けることができます。第一にお湯につかることで自然治癒力が促されて傷口の回復や筋肉の弱ったところをよりスムーズに回復させる力が高まります。加えてヒートショックプロテイン効果による筋肉のこりや老廃物などを排出させるなどという効果もあり、短い時間でも湯に5分はつかるということはとても大切なことなのです。

夏バテしないためには、その日その日の食生活(食事内容)ということがかなり重要なものになりますが、特に死を招く恐れもある熱中症を予防するために、こまめな水分補給などが本当に必須なのです。ただし、塩分、それからミネラルといった成分が入っていない飲み物だと体内の塩分濃度を下げてしまいますから、熱中症の対策として飲むのなら麦茶・スポーツドリンクなどのものが適しているんです。飲むものの種類にはたくさんあるのですが、そういった物の中には利尿作用があるものなんかもあって、美容の大敵であるむくみを解消するとかの処置としてはおすすめなんです。けれども、夏場は飲用しすぎて脱水してしまわないように注意しなければなりません。

夏の時期、他の季節と比較するとすごく紫外線量の多い時期です。肌においては、日焼け止めを塗ったり防護策をしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?しかしこの夏の髪の毛への対処はいかがでしょうか。髪も太陽光に照らされて紫外線を浴びてしまいます。紫外線の影響は肌のみにとどまらず髪の毛であっても被害は同じです。さらにプールに行く人の場合は、含まれている塩素により髪は大きなダメージを受けます。ダメージを受けた髪は元の状態になるには相当の時間がかかってしまいます。毛先の大部分が枝毛になっている、髪をとくと切れる、また、そもそもクシが引っかかるなどのようにあまりにも痛みがひどい場合、あれこれヘアケアをするよりもいっそのこと毛先を5~6センチぐらい切りましょう。ダメージを受けたままの状態でいるよりも間違いなく綺麗な髪を確保することができます。塩素においては濡らさない、といったぐらいしか避ける方法はないです。でも、紫外線においてはお肌と同じで日焼け止めを使用すればダメージを防ぐことはできます。

あなたが余分な皮脂をなくしたいのなら夜だけでなく朝の洗顔にも洗顔料は使用することがグッドです。ある考え方では洗顔料は無用などの意見も少なくありませんが、皮脂は1日中分泌されているので、やっぱり洗顔料なしには不必要な皮脂は洗い流せません。ですから余分な皮脂を残した状態でメイクすると、不要な皮脂とあなたのする化粧が一緒になってニキビなどの原因になります。明日から朝も手間を省かず必ず洗顔料で洗顔するのがベストです。美顔を得るためにこれからはするのがいいと思いますね。

ハーブは、東洋医学では生薬と同じです。生薬を飲みやすいティーにしたのがハーブティーになります。ハーブティーは美容に良い効果のあるものがたくさんあり、いつも活用している女性もよくいます。ハーブティーといっても実にさまざまなハーブティーがあります。期待する効果から選び、色々な種類の「ハーブティー」を楽しむといいかもしれません。例えばですが、「ハーブティー」に「カモミールティー」というのがあるんですが、これはリラックスできて、心地よく眠れる、といった効果があるんです。なので、寝れなくて困っている、というような日に飲むのを勧めます。ただし、ハーブティーでも先にも述べましたが美味しく飲むことのできるお薬みたいなものです。カモミールティーについては、妊娠しているかたが飲むのは「駄目!」です。他のハーブについても飲んではいけない人、もしくは時期といったものがあることもあるので飲む前に充分に注意したうえで飲むことをお勧めします。

世間には美しくなる方法には身体の内側から行う美容のやり方というのがあります。例をあげると多くの人が知っている栄養分のビタミンの中でCがありますね。ビタミンCが入った化粧水や美容液が売られていますが、ビタミンCというのはコラーゲンを生成する原料になります。そういうわけで体の外側から肌に取り込むのでも効果を期待できるのですが、ドリンクやサプリ等で体の内側からも補うと、肌あれを回復させたりうるおい補給のバラエティな効果があります。一般的に食べ物だけから取り入れるのは量も限られてくることからビタミンCを摂るのならサプリメントの積極的な利用もおすすめです。

暑い夏になるとUVクリームなど、いろんなものを塗ると思いますがその中で絶対に塗ってはいけないものが、実はあるのです。何かと言えば、その禁物はレモンやオレンジなどの果物類です。そんな馬鹿ナ!って思いますね。どうしてって思うけど、レモンなどの柑橘系の成分が肌に付いたまま日焼けすると、植物性光線皮膚炎と呼ばれる火傷のような症状を発症することがあります。日光が強い時期にレモン果汁などをお肌に塗るのは一見肌にも良さそうに思えますが、体のためには絶対にやってはいけないのです。逆に肌荒れの原因になるので注意が必要です。

毛をどうやって乾かすかによって髪の毛への負担を調整できます。頭髪にドライヤーを使用して乾燥させるのが主流ですが温風だけを使うよりも、温風と冷風を交互に使うことで頭の毛が熱によって傷つくのを少なくできます。ドライヤーの距離は髪から10㎝以上離して使うことで風が拡散して早く乾かすことができます。順番はまずは前髪からスタートしたら、次いで頭頂部、そして耳周り、後ろ髪といった風に乾かしていくのが良いでしょう。まずは前髪を一番に乾かされるとクセが付いてしまうのを抑えることができます。

アラサーティーになるまでダイエットで食事を減らしても、まいったことは体重が元に戻ってダイエットなんてもうするものかと思っている多くの女性に、な、な、なんと寝そべったままでできるダイエットをお教えします。横になったままでできるダイエットは初めに片方の足を上の方にあげて、足の親指と人差し指をこすり合わせる。そうしたらこの運動を数十回。さすり合わせるのをしてくたびれてくるからその次にもう一つの足に変えて同じ行動をします。この運動を交互に十分間行ってみるとわずかに汗ばむくらいの相当な運動量になります。体全体の代謝が良くなり、腹の下の部分の引き締めにも効力があります。

お疲れのような表情の際に実効がある四白(しはく)というツボが、黒目の位置から指一本分くらい下の方面に存在します。ツボの位置は各々それぞれなので何かの感覚を察知したらそのあたりがツボです。ざっとで結構なのです。指の腹の部位で三秒から五秒ほどじっくりと圧を加えます。押し下げてはゆっくりと離す。行いたいだけ反復します。顔がほてり、皮膚の表面の新しい生まれ変わりも刺激するので美白においても効果的です。

カテゴリー: ボディケア パーマリンク